満月が体調に影響するって本当⁈ スピリチュアルな話はしないよ!

こんにちはイーピンです

満月の日はパワーが湧いてくるわ!とか満月の日は告白が成功しやすいのよ!もしくは満月の日は頭が痛いわ〜など、満月あるあるをきくと「またか〜〜」と思ってしまいますね。

僕は目に見えないチカラも信じてますし、日本の妖怪の第一人者、水木しげる先生も大好きです。

しかし、満月をあまりにスピリチュアル寄りに話されるとげんなりしてしまうのも事実です。

しかも僕の場合、満月でパワーが湧いてきたらいいけど、ヤル気がでなかったり頭が痛くなったりアトピーが悪化したりするので厄介です。

そこで自分なりに調べてみました。

まずは気圧の話

低気圧の影響で古傷が痛んだり頭痛がすることってありますよね

特に梅雨なんかはこの気圧の変化が顕著で体調を崩す人も多いかと思います。

気圧の変化とともに《自律神経》にも乱れが生じます。

そうなると、関節痛や頭痛、めまい、また不安感やイライラ、うつ病のような精神症状も含めて様々な体調不良を招きます。

これを総じて「気象病」とも呼ばれています。

強風や寒暖差、ゲリラ豪雨季節の変わり目など急激な気圧の変化によって、もともと弱っていた部分が敏感に反応し、色々な悩みを引き起こします。

厄介やのー!気圧めー!!!

満月と体調の話

この気象病とよく似た現象として、満月の夜に体調不良になる、というものがあります。

満月が体調不良を招く原因として、科学的には月の引力が関係しているのではないかと考えられています。

満月の夜、地球をはさんで太陽と月が向かい合う。地球と地球上の物体に最も大きな引力が及ぼされるときである。このため海水も引力を受け、海辺は一日に二回、激しい満潮と干潮を繰り返す。

この引力を受けると、生物のからだにはこれに対抗するためのエネルギーが充満してきて、交感神経が緊張してくる。

安保徹『病気になる体質を変える! 免疫健康学』より

満月の夜はもっとも引力の影響が大きい。すなわち生き物にとっても影響があると考えます。

そしてその引力が自律神経のうちの副交感神経に影響し、優勢になって症状が出やすくなる。

というわけらしいです

じゃ、どーすりゃいいの?

原因は「自律神経の乱れ」というのがわかったので、対策としては

・お風呂にゆっくりはいる(一瞬で体調を整えてくれるのがお風呂。39〜41度で15分入浴がおススメ。睡眠の質も上がります。)

・腸内環境を整える(食物繊維を採ったり、菌活しましょう)

・運動する(スクワット、もしくはストレッチがおススメ。体調がすぐれない時は激しく運動しなくてもストレッチで血流を良くするが非常に効果的です。)

まとめ

満月の夜は引力により気圧が急激に変化する。

そして気圧の急激な変化からくる、自律神経の乱れが健康に負担を与える。

すなわちこれを整えるのが大事!

満月や新月なんてのは一定の周期でやってくる自然の理なんで、いかに体の変化を察知して対策できるか?

これがカギかとおもいますね。

理屈がわかれば恐れることはありません。

心の準備とお団子を用意して新月に備えましょう!!!

ではまた。

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする